2019 最安値価格!!一流店”を実感!本物保証・不良補償・紛失補償で安心お取引。

電子タバコ アトマイザー RDA VGOD Pro Mech 2 Kit with Elite RDA ( ブィゴッド プロ メック ツー ウィズ エリート アールディエー ) 【 VAPE 】【Hilax】

電子タバコ アトマイザー RDA VGOD Pro Mech 2 Kit with Elite RDA ( ブィゴッド プロ メック ツー ウィズ エリート アールディエー ) 【 VAPE 】【Hilax】

f85064b012c13a5a

税込10,680 税込8,010
割引: 25%OFF
個数 


この商品の特徴


VGOD Pro Mech 2 Kit with Elite RDA
商品説明VGOD Pro Mech 2 Kit with Elite RDAは『ELITE RDAアトマイザー』と『PRO MECH 2 MOD』のセットになります。
PRO系の良さをそのままに軽量化とスイッチ接点の改良が図られています。
高品質の銅とステンレススチールで作られたMODは手榴弾ような男気を感じさせるような無骨な外観を特徴としています。
また付属するELITE RDAアトマイザーは直径24mmで、デュアルポストデザインと2mlのタンク容量を誇りビルドの構築も簡単に出来るように設計されています。
商品には持ち運びに便利な持ち運び用バッグが付属しており、まさに至れり尽くせりの商品となっています。

【お勧めの関連商品】
〇 18650 リチウムマンガン バッテリー SONY VTC6 ( ソニー ブィティシー ) セル 1本 価格
商品詳細【VGOD PRO Mech2 MODスペック】
〇 サイズ:H:85.2mm×D:24mm
〇 スレッド:510
〇 材質:銅/ステンレススチール
〇 バッテリータイプ:18650(バッテリーは商品に含まれておりません別途お買い求めください。)

【VGOD Elite RDAスペック】
〇 サイズ:H:33mm×D:24mm
〇 リキッド容量:2ml
〇 規格:510規格
商品内容〇 VGOD Pro Mech 2本体×1
〇 VGOD Elite RDA本体×1
〇 取扱説明書×1
〇 VGOD ポータブルバッグ×1
〇 プラスドライバー×1
〇 アクセサリーバッグ (付属品)×1
その他
関連商品

この商品に必要なパーツページ
ブランド商品一覧





ご購入前の注意点

※ 商品の画像は自然光で撮影しております。
  お使いのPC環境、ブラウザーによってカラーの表示に若干違いが生じる場合がございます。
※ 充電はパソコン等のUSB端子につないで充電してください。
※ お手持ちのACアダプター等を使用するのはやめてください。
※ 本体が熱い状態で吸い殻を出すのはやけどの危険がありますのでご注意ください。
※ 製品は子供の手の届かないところに保管してください。
※ 製品は、法的喫煙年齢20歳以上の喫煙者のみを対象としています。
※ 電子タバコに使用するバッテリーは必ず規格に対応したバッテリーをご使用ください。



~ 第一章 はじまりは ハロー VAPER ~

電子たばこ ( でんしたばこ 英語訳: Electronic cigarette e-cigarette e-cig )とは、
リチウム電池 が用いられた バッテリー を内蔵または取り付け可能で備え、アトマイザー( 噴霧器 )に補充されている液体 ( リキッド )に対して、アトマイザーに取り付けた コイルの抵抗により熱を発生させることによって エアロゾル(霧状)化して利用者に吸引させる 喫煙具 である。
英語では、電子たばこは俗に Vape(発音:veip: ヴェイプ )と呼ばれている。
オックスフォード大学出版局のオックスフォード英語辞典では、2014年の英単語(Word of the Year 2014)として vape ( ベイプ ) が選ばれた。
オックスフォード英語辞典には、Vape の意味するところとして、「 電子たばこあるいは類似の機器 」と「 電子たばこあるいは類似の機器によって作られた蒸気を吸い込んだり吐き出したりする行為 」という説明がそれぞれ挙げられている。
電子たばこの歴史は長く 第1世代と第2世代 第3世代(現在)として継続されて販売されている。
第一世代の電子たばこは、通常のたばこ を模した外観をしている。
形状は 葉巻型 、 パイプ型 、 紙巻たばこ 型など様々なものがあるが、構造的にはすべてほぼ同じであり バッテリー 、噴霧器としての本体、カトマイザー と呼ばれる風味や成分を含んだ カートリッジ から構成されている。
第二世代では、バッテリーが 高容量 となり、液体を補充することができるアトマイザー( 噴霧器 )の登場によって、ランニングコスト を減らすことが可能となった。
コイルの交換で抵抗を変更することができ、これを使用者が独自に設定するための「リビルダブル」が可能な製品も登場した。
2014年以降には 第三世代の電子たばこ が大きく広まりました。
第三世代の電子たばこは、液体を補充できる アトマイザー と、大容量となった リチウム電池のバッテリー を使用し、電圧や電力(ワット数)を変更できる回路が組み込まれている Mods( modifications、変更・改良といった意味 )と呼ばれる本体からなる構成になっています。
電子たばこ は 2008年頃 から日本においてもメディアなどで話題が取り上げられている。

2019年 現在でも電子たばこは世界中の注目を集め改良を重ね進化し続けている。
用語・商品種類も存在し アトマイザーで クリアロマイザー RTA RDA RDTA RBA BF ( ボトムフィーダー )等の種類 MODでも テクニカル メカニカル BF ( ボトムフィーダー )等が存在します。
また個人での電子タバコの カスタマイズ 「 ビルド 」も可能でビルド用品として オームメーター ビルドマット コットン ワイヤー 等も発売されている。

電子タバコに 用いられる液体は リキッド と呼ばれ プロピレングリコール 、グリセロール 、水 、香料 から主に作られており
リキッドに含まれる プロピレングリコール( PG )グリセロール ( VG )の割合で 蒸気 の量が異なる。
リキッドの種類も タバコ系 メンソール系 フルーツ系 など豊富なフレーバーが発売されている。
また日本では ニコチン を含有する電子たばこ用の リキッド は、薬事法 にて医薬品とされるため 国内で販売は禁止されている。

上記の理由の為、日本ではタバコ葉の成分を摂取する Ploom TECH プルームテック や iQOS ( アイコス )glo ( グロー )といった製品が大手メーカーから販売され電子たばことして取り上げられているが、
こちらは主に 電子たばこ ではなく 加熱式たばこ や として分けて記載・認識されている。
日本での路上での使用の可否は自治体によって異なり、たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約がその第1条で、たばこ製品として対象にしているものは、葉タバコを原料とした製品であることからも、この両者の商品は異なる事が分かる。

加熱式たばこ については 有害性 についての議論がある。燃焼させた従来の たばこ よりも毒性物質に曝露されない可能性が高い
2015年英国公衆衛生庁(英語版)はたばこの喫煙よりも害が95%少ないと報告し、英首相はこのことを国民に周知させていくとしている。

※ 上記項目での「 たばこ 」の言及は、主に使い捨ての 紙巻きたばこ ( cigarette ) を指す。

加熱式たばこの人気により第四の 加熱式タバコ Vaporizer ( ヴェポライザー )が登場した。
ヴェポライザーは加熱式たばこと同じくタバコの葉を利用する喫煙機器となる
加熱方式には コンダクション ( 熱伝導式 )と コンベクション ( 熱対流式 ) があり
コンダクション( 熱伝導式 )は、タバコ葉を入れる加熱室を直接熱して葉を温める仕組みになっている。
コンベクション( 熱対流式 )は、加熱室に熱した空気を通すことにより葉を温める仕組みになっている。
また100%熱した空気を通すだけで加熱する フルコンベクション ( 完全熱対流 )のモデルも発売されている。
更にコンダクションとコンベクションのヒーターが 2個 ついているものを ハイブリッド と呼び
コンダクション ( 熱伝導式 )と コンベクション ( 熱対流式 ) 両者の特徴を併せ持ったような喫味が特徴の商品も存在する。

また上記の種類とは若干異なるが イスラム圏で大成した喫煙具の一種として 水タバコ シーシャ 水煙管( みずぎせる )や 水パイプ( みずパイプ ) ナルギレ ガリヤーン マダーア ゴーザとも呼ばれる商品も存在する。
前述のように各地で呼び名は異なるものの、水たばこ には専用の香り( フレーバー )が付けられた タバコの葉 に炭を載せるなどして熱し、出た煙をガラス瓶の中の水を通して吸うという基本的な構造は同じである。
大きさは小さい物で高さ30cmからあり、一般的な物は60?80cmほど、大きい物では1mを超すものも多い。また、フレーバーには果物やスパイス、花、コーヒー、ガムなど多くの種類がある。
1回の燃焼時間が1時間程度と長く、重さもあり気軽に持ち運びはできない。そのため、紙巻きたばこ が普及している地域ではあまり知られていないが、煙が水を通る間に多少冷やされることもあって、昼間の気温が高いインドや中近東で人気がある。
特に中近東では喫茶店に置いてあることが多く、昼間から喫茶店で男性が 水たばこを 嗜む姿を良く見かける。

中国では水タバコを 水烟 といい、烟缶 と呼ばれる フッカー と同様の形状のものや、水烟筒 と呼ばれる尺八に似た筒状のものや、水烟袋 と呼ばれる携帯に便利な大きさのパイプに似た形状の喫煙具で吸われている。
烟缶はウイグル族に嗜まれ、使われる葉たばこもフッカーと同様だが、水烟袋は18世紀以来中国全土に普及した喫煙具で、 刻みたばこ を押し固めたものを用いる。
近年、リゾートやディスコを中心に、タイ、インドネシア、フィリピンなどの東南アジア各地へも流行が拡大している。アメリカ合衆国にも愛好者がいる。
大型のものには吸い口が2本から4本とりつけられたものがあり、一包みのタバコを何人かで吸う珍しいパイプも存在する。
集まって車座になり、パイプ をゆっくりと味わいながらお茶や雑談をする生活様式に合わせられた喫煙具である。

あとがき
電子タバコの登場により喫煙における近代のスタイルは変化の意図を辿っている
上記の内容も知って頂く事で貴方のこれからの輝けるVAPEライフに役立てて頂ければと切に願う

HILAX VAPE隊長 F 氏 VAPEと近代社会の融合 抜粋